7月
5

調べてびっくり!意外に知らなかった!?披露宴のこと

Written by admin posted on 7月 5, 2015 in 未分類

一般的な披露宴の流れについて

披露宴は、新郎新婦を初めてとして親族、友人、職場の上司、同僚などとお祝いの席です。どの式場でも披露宴の流れは大体同じです。どういう披露宴をしようか、と悩む前に大体の流れをつかんでおけば失敗することなく、自分達のしたいと思える披露宴をすることができるでしょう。ざっとした流れは、開演されるとまずは新郎新婦の紹介、祝辞、乾杯、ケーキ入刀、余興、祝電の披露、両親への花束贈呈、手紙、謝辞、退席になります。お色直しをしたい、余興をいくつやるか、など自分の希望を頭においておくといいですね。

披露宴でやってよかった!演出

披露宴の主役は、新郎新婦ですが、参列してくれたゲストの方がいるから出来ることだし、みんなが楽しい時間を過ごすことが出来なかったら、寂しいですね。やってよかった、とか人気のある演出は新郎新婦はもちろん、ゲストの方も参加出来るようなものです。例えば、ゲストの方1人1人に新郎新婦への逆キャンドルサービス、テーブルごとに写真を撮影して帰りにプレゼントする、エンディングビデオやプロフィールビデオなどに、ゲストの方も入れると、自分もいる!参加しているという気持ちになり喜ばれます。来ていただいた方みんなに、よい思い出になってほしいですよね。

披露宴のお手伝いをお願いすることも大事

基本的には、プランナーさんが披露宴まで進めてくれますが、無事に成功させるためには友人たちの助けも必要ですね。受付は、みんなより早く会場に来て貰い、記帳やご祝儀を受け取って貰わなくてはいけないし、受け付けは両家の顔ともいえる大事な存在です。スピーチや余興は、何を話そうか、何をしたら喜ばれて盛り上がるか、と考えるのに時間もかかり練習もしなくてはいけないので、式の日にちが決まったらなるべく早くお願いをしないと、相手も迷惑になってしまいますね。お互い様というところはありますが、気持ちよくお祝いの場に笑顔で過ごせることがマナーともいえますね。

六本木で披露宴を行うことを夢見ているならば、まずは二人でブライダルフェアに参加しましょう。必ず満足できる披露宴会場が見つかります。